FICリソースの申し込み(設定変更含む)にて通信影響は発生しますか?

Flexible InterConnect, 仕様, 構築

2024年3月13日 (2024年4月18日:更新)

FICリソースの申し込み(設定変更含む)にてリソース種別や変更箇所により通信影響が発生する場合がございます。
詳細は下記表をご参照ください。

新設/廃止の申し込み時

リソース種別 通信影響 備考
FIC-Port FIC-Port FIC-Port、FIC-Router、Component(FIC-FW、FIC-NAT)の新設/廃止については、接続されているFIC-Connectionに通信影響がある場合がございます。
FIC-Port(XaaS)
FIC-Virtual Port (XaaS) 【Pattern S】
FIC-Virtual Port (XaaS) 【Pattern X】
FIC-Router FIC-Router
FIC-Router(XaaS)
Component FIC-FW FIC-FWを経由する通信の場合、異なるRouting Group間で通信が行われているため、FIC-FWを廃止したタイミングで、該当のFIC-FWを経由して通信を行っていた異なるRouting Group間での通信ができなくなります。
なお、FIC-FWを経由していない同一Routing Group内で行われている通信に関しては、通信影響(通信断や遅延など)は発生いたしません。
FIC-NAT FIC-NATを経由する通信の場合、異なるRouting Group間で通信が行われるため、FIC-NATを廃止したタイミングで、該当のFIC-NATを経由して通信を行っていた異なるRouting Group間での通信ができなくなります。
なお、FIC-NATを経由していない同一Routing Group内で行われている通信に関しては、通信影響(通信断や遅延など)は発生いたしません。
FIC-Connection FIC-Connection Arcstar Universal One FIC-Connectionの新設/廃止については、基本的には他のリソースに通信影響はございません。
ただし、アドレス重複や経路数上限超過になる場合はこの限りではございません。

 

変更の申し込み時

リソース種別 通信影響 備考
FIC-Port FIC-Port 通信影響無し
FIC-Port(XaaS)
FIC-Virtual Port (XaaS) 【Pattern S】
FIC-Virtual Port (XaaS) 【Pattern X】
FIC-Router FIC-Router
FIC-Router(XaaS)
Component FIC-FW ルール設定でアクションの項目を「deny」に設定した場合は、該当する通信ができなくなるなど、既存の通信へ影響がある場合があります。
なお、FIC-FWを経由していない同一Routing Group内で行われている通信に関しては、通信影響(通信断や遅延など)は発生いたしません。
FIC-NAT
FIC-Connection FIC-Connection Arcstar Universal One 帯域変更時に通信影響が発生する場合がございます。(※1)
AS-Overrideの設定変更時に通信影響が発生いたします。(※2)

「表 6.1.3 申し込み種別一覧」
の[一時的な通信影響]欄をご確認ください。
FIC-Connection Google Cloud 帯域変更時に通信影響が発生する場合がございます。(※3) 「表 11.1.3 申し込み種別一覧」の[一時的な通信影響]欄をご確認ください。
上記以外のFIC-Connection 通信影響無し
注意事項
※1 Interconnect-Tokyo1~15、およびInterconnect-Osaka1~5のConnecting Pointに接続されているお客さまが、
  次の帯域変更を行う場合はFIC-Connection Arcstar Universal Oneの廃止新設が必要となり、通信断が発生致します。
  1G以下の帯域から2G以上の帯域へ変更
  2G以上の帯域から1G以下の帯域へ変更
  2G~10Gの範囲で帯域を変更

※2 AS-OverrideをON→OFF、またはOFF→ONへ変更する際には、Primary/Secondaryともに1分程度のBGP Downが発生いたしますので、ご注意ください。

※3 以下の帯域変更をおこなう場合は、FIC-Connection Google Cloudの廃止新設が必要となり、通信断が発生致します。
  1G以下の帯域から2G以上の帯域へ変更
  2G以上の帯域から他の帯域へ変更