Flexible InterConnect

Flexible InterConnectのAPIをはじめて利用される方へ

Flexible InterConnectのAPIを初めてご利用になる際には、認証Token及びAPI鍵/API秘密鍵の取得が必要です。
以下のページに手順を用意しています。

Flexible InterConnectでは定期的なAPI鍵、API秘密鍵の更新を推奨しております。 以下手順よりご計画の上、API鍵更新を実施してください。

 

エンドポイントの一覧

Flexible InterConnectのAPIのエンドポイントは以下のとおりです。

サービス名 エンドポイントURL basePath
Keystone keystone-[Region Name]-ecl.api.ntt.com

 

(gl1リージョンの場合は) api.ntt.com/keystone

/ecl-keystone
管理機能 sss-[Region Name]-ecl.api.ntt.com

 

(gl1リージョンの場合は) api.ntt.com/sss

/ecl-sss
FIC https://api.ntt.com /fic-eri

/fic-monitoring

 

サービス別のAPI一覧

APIの一覧、API実行に必要なパラメータが掲載された各APIリファレンスは下記のリンクよりご確認いただけます。

共通機能

エリア情報に関して参照できるAPI

ロケーション(データセンター)に関して参照できるAPI

スイッチ関して参照できるAPI

LOA(Letter of Authorization)に関して参照できるAPI

コネクションのLOA(Letter of Authorization)に関して参照できるAPI

オペレーションに関して参照できるAPI

各クラウドのConnecting Pointに関して参照できるAPI

FIC-Port

Flexible InterConnectへ接続するためのお客様専用の物理ポートや、
XaaS事業者様が、FICをご利用しているお客様向けにFIC上で接続サービスを提供するための物理ポートであるFIC-Port(XaaS)、
クラウド事業者上にサービス基盤を構築しているXaaS事業者様がFIC上で接続サービス提供ができる仮想ポート、Virtual Port (XaaS)等に関するAPI

FIC-Router

お客様側でルータをご用意することなくL3ルーティング機能をご利用頂ける仮想ルータや、
XaaS事業者様が、FICをご利用しているお客様向けにFIC上で接続サービスを提供するためのFIC-Router(XaaS)等に関するAPI

FIC-Connection

FIC-Port、FIC-Router、各種クラウドサービス等の間を接続するためのコネクション機能です。
各FIC-Connection の詳細仕様は接続先毎に異なり、購入・参照・変更・廃止等の操作ができます。
以下をご覧ください。

 

テナント間の接続、XaaS事業者への接続の接続承認やオーダー実行、それらの状況の情報取得等の操作に関するAPI

Port to Portコネクション(同一テナント内接続/テナント間接続)とRouter to Portコネクション(同一テナント内接続/テナント間接続)に関するAPI

Router to Routerコネクション(エリア間接続)に関するAPI

Port to AWSコネクション(Private VIF/Public VIF/Transit VIF)とRouter to AWSコネクション(Private VIF/Public VIF/Transit VIF)に関するAPI

Port to Azureコネクション(Microsoft Peering/Private Peering)とRouter to Azureコネクション(Microsoft Peering/Private Peering)関するAPI

Router to Azureコネクション(Peering Service)に関するAPI

Port to Google CloudコネクションとRouter to Google Cloudコネクションに関するAPI

Port to Oracleコネクション(Private Peering)とRouter to Oracleコネクション(Private Peering/Public Peering)に関するAPI

Router to SDPF Cloud/Serverコネクションに関するAPI

Router to Wasabi Object Storageコネクションに関するAPI

Router to Arcstar Universal Oneコネクションに関するAPI

Port to Super OCN Flexible Connectコネクションに関するAPI

FIC-Connection(XaaS接続)

テナント間の接続、XaaS事業者への接続の接続承認やオーダー実行、それらの状況の情報取得等の操作に関するAPI

Port to Port/Router to Port/Router to Routerコネクション(XaaS接続)と、

Router to Virtual Port(XaaS)【Pattern S】/Router to Virtual Port(XaaS)【Pattern X】コネクションに関するAPI

L3-Component

FIC-Routerまたは、FIC-Router(XaaS)にお客さま専用の仮想ファイアウォール(FIC-FW)に関するAPI

FIC-Routerまたは、FIC-Router(XaaS)にお客さま専用の仮想NAT(FIC-NAT)に関するAPI

XaaS公開機能

FIC-Port(XaaS)/FIC-Router(XaaS)/Virtual Port(XaaS)【Pattern S】/Virtual Port(XaaS)【Pattern X】の公開サービス情報に関するAPI

指定したFIC-Port/FIC-Routerに紐づくコネクション情報に関するAPI

モニタリング

ご利用いただいているリソースのモニタリング機能や各種サポートに関するAPI

通信の詳細な内訳を可視化する機能であるFlow monitoringを利用するために必要なFlow log spaceに関するAPI

サポートメニュー

Flexible InterConnectを快適にご活用いただくために標準サポートを提供していますが、有償サポートもご用意しております。

有償サポートに関するAPI